ヤマルリソウ(山瑠璃草)

斜面に咲いたヤマルリソウ、瑠璃色の花は清楚です 地面を這うように放射状に伸びた大きな株に 1cmほどの花は、淡青紫色から淡いピンクや純白も 近くには様々な色のスミレが咲いてます ヤマルリソウ【山瑠璃草】(ムラサキ科) 花の中心には細かい裂れ込みの白い輪があり 白い輪の中に雄蕊と雌蕊が隠れるよう付いています 大き…

続きを読むread more

沢沿いを歩いて

小仏川沿いでは可愛い春の妖精たちが顔を出しています アズマイチゲが群生し、キクザキイチゲも 少し下を向いたニリンソウ 斜面に張り付くように咲いたハナネコノメ 小さな花たちを眺めていると、なかなか前に進めません アオイスミレ【葵菫】(スミレ科) ナガバノスミレサイシン【長葉の菫細辛】(スミレ科) キクザキイチゲ【…

続きを読むread more

アリドオシ(蟻通し)

初めて出会ったアリドオシ、赤い果実は縁起植物とされ、別名は一両 関東地方以西に分布するアカネ科の常緑低木 葉の付け根に葉と同じ位の長さの鋭いトゲがあります 【棘が細長く、蟻でも刺し貫くということ】 【棘が多数あり、蟻のような小さい虫でないと通り抜けられない】 【蟻通し】の語源には2説あるようです アリドウシ【蟻通し】 別…

続きを読むread more

サンシュユ(山茱萸)

春先に鮮やかな黄色い小花を咲かせていたサンシュユ 黄色の花は、別名『ハルコガネバナ』(春黄金花) 秋に赤く色づく果実を珊瑚に見立てて『アキサンゴ』や 赤い果実はグミに似てるので『ヤマグミ』などの別名があります サンシュユ【山茱萸】(ミズキ科) 春には葉が出る前に黄金色の花を咲かせ『ハルコガネバナ』とも言われて 秋…

続きを読むread more

小仏川沿いで

秋も深まった小仏川沿いを歩いてみました 川には色づいた落ち葉が流れて まだ咲いていたゲンノショウコやフジバカマ 山道には朝露をつけたタチツボスミレが彼方此方に 木々の間には赤い果実が目立ちます 草むらで見つけた ゲンノショウコ【現の証拠】(フウロソウ科) タチツボスミレ【立坪菫】(スミレ科) アカツメクサ【赤詰…

続きを読むread more

ミゾソバ(溝蕎麦)

金平糖のような形をしたミゾソバの花が一面に咲いてます 花びらの先をピンクに染めて ミゾソバの花は白花から鮮やかな濃い色まで 毎年、この時期にミゾソバの花に出会うのが楽しみです ミゾソバ【溝蕎麦】(タデ科) 白花も綺麗 鮮やかな色のミゾソバ 沼地一面に咲いているミゾソバ 田んぼで出会ったオモダカ…

続きを読むread more

ヤマホトトギス【山杜鵑草】

涼しい風が吹いてくる小仏川沿い、のんびりと歩いてみました 可愛いヤマホトトギスの花が咲いています 花びらには独特の斑入りの模様 山道にひっそりと咲いている様子は可憐です ヤマホトトギス【山杜鵑草】(ユリ科) 花びらが大きく反り返るヤマホトトギス 白い花びらに赤紫色の斑点、それぞれ模様が綺麗です 高尾では珍し…

続きを読むread more

ユキノシタの花

久しぶりの高尾山、薬王院にお参りをして リフトはウイルス感染防止と設備工事のため運休、ケーブルで登ります 夏日でしたが参道は緑が綺麗で吹く風も爽やか 境内や山道にはユキノシタの可愛い花が揺れてます ユキノシタ【雪の下】(ユキノシタ科) 雪が降り積もっても、その下には緑の葉があることから ユキノシタ 5枚の花びらは…

続きを読むread more

ミヤマエンレイソウ(深山延齢草)

三枚の大きな葉の中心から白い花を咲かせるミヤマエンレイソウ 昨年の台風の被害が大きく、一面の土砂に覆われた群落 もう、あの白いエンレイソウの花は見られないかと思っていましたが 2週間後、行ってみると沢の向こうにミヤマエンレイソウが見えます 土砂の下から顔を出したミヤマエンレイソウの白い花が綺麗です ミヤマエンレ…

続きを読むread more

裏高尾の春

前日の雪で、蛇滝のハナネコノメも寒さに震えているよう 赤い葯に雫をいっぱい付けて 開いた白い4枚の萼片が花びらのよう シックな色のヨゴレネコノメも濃い暗紅色の葯が見えてます 昨年の台風で、裏高尾のハナネコノメの群生地は流されて立ち入り禁止に いつも歩いていた登山道も変わってしまい途中で引き返して 偶然、お会いした先輩に案…

続きを読むread more

小仏川沿いでは

台風19号の影響で被害の多かった高尾山 土砂崩れなどの影響で、通行止めになっている登山道が多く 久しぶりに歩く小仏川沿いでも崩れている場所が むき出しになった根が痛々しい梅の木 その梅の木にも沢山の花が咲き始め、甘い香りが漂っています ウメ【梅】紅梅(バラ科) ウメ【梅】白梅(バラ科) 大好きなニリ…

続きを読むread more

アカバナ

初めて出会ったアカバナ、湿地で遅くまで咲いているのを見つけて 淡いピンクの4枚の花びらが、可憐です 秋になると草全体が紅葉することから アカバナと言われるようです アカバナ【赤花】(アカバナ科) 花後の細長い果実は、ほんのり赤みを帯びて 熟した果実は先端から裂開し、綿毛を付けた種子が風に吹かれて飛びはじめて…

続きを読むread more

ツメレンゲ(爪蓮華)

日当たりの良い民家の石垣に生えていていたツメレンゲ 多肉質の尖った葉の広がっている中から花穂が立ち上がって 星の形をした小さな白い花が咲き始めています 独特の尖った葉先を爪に見立て 重なった葉が蓮華座に似ていることからツメレンゲ ツメレンゲ【爪蓮華】(ベンケイソウ科) 寒さが厳しくなって来ると肉厚の葉が紅葉し…

続きを読むread more

ミゾソバ(溝蕎麦)

この度の台風19号により被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます 一日も早い復旧と平穏な日々を取り戻せますよう、お祈り申し上げます 水辺で咲き始めたミゾソバの花 透き通った白い花びら(萼片)の先をピンクに染めて 群生して一面がピンクに染まって綺麗です 近くにはアキノウナギツカミ、サクラタデの花も …
コメント:22

続きを読むread more

ナンバンギセル

ススキの根元に少し下向きの咲いているナンバンギセル 長い柄の先に咲く花の形がキセルのよう 葉緑体を持たないで、光合成を行わない寄生植物 ススキなどイネ科植物や、ミョウガやカンナの根などにも寄生します 下向きに咲いた花姿が物思いにふけっている様に見える事から 別名【思い草】 ナンバンギセル【南蛮煙管】(ハマウツボ科) …
コメント:18

続きを読むread more

ギンバイソウ(銀梅草)

初めて出会ったギンバイソウ、白い5枚の花びらが梅の花のように見えます 下向きに咲く両性花は、真ん中の1本の雌蕊を囲むように、真っ白い雄蕊が沢山 花びらが退化した装飾花は、小さな萼片が花びらのよう 白い花が梅の花のように見えることからギンバイソウ ギンバイソウの葉先は、V字に切り込みが入ってユニーク ギンバイソウ【銀梅草…
コメント:16

続きを読むread more

アカショウマ (赤升麻)

山道沿いに咲いていたアカショウマ、真っ白い花が綺麗です 登るにつれて白い花が枝垂れるように咲いて 真っ白い花ですが根茎の下部分などが赤みを帯びてます サラシナショウマの花に似て、根茎などが赤い事からアカショウマ アカショウマ【赤升麻】(ユキノシタ科) オオカモメヅル【大鴎…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

コアジサイ (小紫陽花 )

久しぶりの里山では コアジサイの淡い色の花が咲き始めて コアジサイの花は、淡い紫色、白花に近い色など 水辺の近くで、ひっそりと咲いた花は繊細でレースのよう コアジサイ【小紫陽花】(アジサイ科) 咲き始めたばかりの花 スイカズラ【吸葛】(スイカズラ科) イボタノキ【水蝋の木】(モクセイ科) …

続きを読むread more

道志川沿いで

                    静かな道志川沿いは、眩しいほど新緑が綺麗です                                                沢山のキャンプ場や滝が有名な道志村                     雄滝、雌滝に行く途中の斜面にはシャガの白い花           …

続きを読むread more

スプリング・エフェメラル

            『里山カレッジ講座、スプリング・エフェメラル観察会 』を教えて頂き、参加しました                          講師は植物研究家の 菱山忠三郎先生               スプリング・エフェメラルとは『春の儚いもの』『春の短い命』、【春の妖精】とも            …

続きを読むread more